地方創生ステーションでは、地域おこし協力隊、移住・定住、訪日外国人観光客誘致、ふるさと納税などの情報を発信します
info@go-sousei.net

地方で心機一転!都心で結婚が難しい場合の婚活移住

近年、都市部で数年間婚活をして、成果が出ず行き詰まっている方は少なくないようです。何百人ものお相手と出会い、それでも結婚に結びつかない方々は、「もう私(僕)は一生結婚できないのかな…」などと思い悩んでいることでしょう。そんな方は、ガラッと環境を変えて婚活に再挑戦することを視野に入れてみてはどうでしょうか?地方に移住して、地方で婚活をするというスタイルが今注目を浴びています。

都市部での婚活の難しさ

AS_96058240首都圏や大阪などの都市部では、人口が多く独身者の層も厚いため、一見すると婚活には最適の環境のように思えます。しかし実際は、婚活人口が多すぎるあまり、次から次に新しいお相手と出会うことに疲れきって、神経を消耗してしまう人が少なくありません。出会いの数自体は多いのですが、男女ともに次から次へとお相手の紹介を受けることができるために、なかなかひとりの相手に決心する「決め手」や「運命」のようなものを感じにくく、「もっと良い相手が現れるのでは?」と思ってしまいがちであり、結果的に成婚を見送ってしまう男女が多いのです。そのような状況で数年間を過ごすと、俗にいう「婚活疲れ」といった状況に陥ることとなります。

地方に移住して婚活するという選択

都市部で成婚に至らず悩んでいる男女は、一度地方への移住を検討してみるのもいいかもしれません。地方で婚活するメリットをご説明しましょう。 ・自治体の「婚活移住」支援の高まり 地方は、結婚人口を増やすため自治体自身が婚活のプロモーション活動を行っている事例が多々あります。道府県が主宰している婚活イベントなので、集客性も高く、信頼できるイベントとなり、参加者には好評を得ています。その裏には、人口減を憂慮する地方自治体が新規の移住者を呼び込みたいという意図があります。都市部への人口流出が目立つ地方では、新たな若者の呼び入れは切実な問題です。したがって、婚活イベントや移住への支援も手厚いものとなっているのです。 ・婚活意識の高さ AS_87122335地方では、人口の層が薄いため自然な出会いが難しいという現状があります。そんな状況だからこそ、結婚を希望する独身者は、自ら婚活に参加するという意識を高く持っている方が多く存在しています。SNSや婚活サービスなどの参加意識は高く、登録者数や参加者数は十分に高いものとなっています。地方であっても、婚活のチャンスは豊富に用意されているのです。 ・地方には独身者がたくさん 地方にはまだまだ独身者が多数、結婚相手を求めています。統計によると、中国・九州などの西日本地域には独身女性が多く、東海~関東、東北などの東日本には独身男性が多いという結果が出ています。独身男性は「女余り」の西日本に、独身女性は「男余り」の東日本に移住すれば、結婚相手をよりどりみどりという未来も夢ではないのです。 ・移住で魅力的な「新しい自分」に出会う 移住にともない、自分自身のライフスタイルも大きく変わることになります。今まで、東京や大阪などの都市部で普通の勤め人として長く働いてきた人が、心機一転して地方へ移住する。単にそれだけでも大きな変化です。地方移住し、知り合いや係累の居ない土地でゼロから人間関係を築く中で、社交的に生まれ変わった自分を再発見することになるかもしれません。ライフスタイルが変化すれば、自らの心構えや人となりも大きく変化し、今まで見えてこなかったその人の「魅力的な面」が姿を現すことになります。そういった面が、地方独身者の目にとまり、恋愛に発展するケースも少なくありません。 以上のように、地方での婚活にはたくさんのメリットがあります。都市部での婚活を中断して、思い切って地方に引っ越して婚活をする、というのは勇気のいる決断です。しかし、心癒されるのどかな田舎暮らしをしながら、生涯の伴侶を探し求めるのは非常に実り多い体験になることは間違いありません。婚活にお悩みの独身男女の皆様は、是非検討をしてみては。

Related posts