地方創生ステーションでは、地域おこし協力隊、移住・定住、訪日外国人観光客誘致、ふるさと納税などの情報を発信します
info@go-sousei.net

増加傾向にあるFITと外国人の情報収集の方法

FITとは個人旅行の外国人観光客のことです。最近ではFITの増加が著しく、インバウンドビジネスの成否のカギを握る存在ともいわれています。FITを集客するにはどのような方法を用いれば良いのでしょうか。

なぜFITが増加したのか

AS_106567085かつての外国人旅行客は団体客がほとんどでした。旅行代理店を利用すれば当然マージンはとられてしまいます。かつては旅行代理店にしか回ってこないようなお得な情報もあったので、多少高くても利用者は結構いました。 しかし、今や個人が航空会社やホテルのサイトに24時間いつでもアクセスできる時代です。自分で直接予約をしてしまえばマージンをとられることもなく、その分、高級ホテルに宿泊することも可能です。 世界中のホテルの情報を網羅しているサイトも複数あり、もちろん日本の宿泊施設も紹介されています。航空券とホテルを同時に予約すればさらに割引になるサービスなどもあり、人気を集めています。

FITは何で情報収集しているのか

以上のようにFITはインターネットを利用してさまざまな情報を収集し、自ら旅行のプランを立てています。PCだけではなくスマホでも気軽に調べることができるため、そのような旅のスタイルを選択する人は増加する一方です。 かつての団体旅行客の情報源は旅行会社がメインでした。ですから、もし外国人訪問客に自社の商品・サービスを売り込みたいとなったら、旅行会社に営業をかけるというのが一般的でした。 しかし、FITがネットを利用して自ら情報を集めている時代です。インバウンドビジネスに取り組む企業は、ネット戦略をいかに立案するかが成否をわけるカギになっているのです。

FIT集客のためのネット戦略とは

AS_103114269FITが閲覧する代表的なサイトは航空会社、ホテル紹介サイト、ホテル自社サイト、観光情報サイトなどになります。そういったところに広告を出稿するのもひとつの方法です。 地方の魅力を伝えていくには、まず発見してもらうことが第一です。近くの有名観光地に足を運ぼうとしているFITに「じつはほんの少しだけ足を伸ばせば、こんなに素晴らしい場所がある」ということを伝えていくようにしましょう。 さらに「ここはまだ、あまり多くの人は知らない」「レアな体験ができる」「これから話題になるかもしれない」といったポテンシャルを伝えると、人気を呼びやすい傾向があります。SNS時代は誰もが発信者になろうとしています。「ここは多くの人に注目される可能性がある」というバリューは多くの人にとって魅力的なものなのです。

リピーターとしても期待できるFIT

FITの特徴のひとつはリピーターになりやすいという点です。一度自力で訪れることができた場所には愛着がわくものだからです。また、FITはSNSやブログなどで旅行記を発信する率も高くなっています。たとえば、ある地方の魅力を伝えるプレゼンターとしての役割も期待できるのです。 そのため、一定数のFITの訪問があれば、あとは自然に外国人観光客が増えるという現象もあります。ネット戦略をしっかりと立てて、まずは少しでも多くのFITを呼び込めるように挑戦してみましょう。そして、リピーターやフォロワーが次々に訪れるという良いサイクルを生むようにしたいところです。

Related posts