地方創生ステーションでは、地域おこし協力隊、移住・定住、訪日外国人観光客誘致、ふるさと納税などの情報を発信します
info@go-sousei.net

イギリス人観光客が日本を評価する5つの理由

イギリスからの訪日観光客は年間25.8万人にも上ります(2015年 日本政府観光局発表)。これは日本を訪れる外国人の観光客数では第10位となる数字。中国やアジア圏など、近隣諸国からの旅行者が多い中、ヨーロッパ圏においてはトップの順位となります。日本とイギリスは遠く離れているのに、なぜこれほどまでに観光客を誘致できているのでしょうか? その理由を探ってみましょう。

イギリス人観光客が日本に来たい5つの理由

・ウインタースポーツ愛好 AS_117458928イギリスには、スキーやスノーボードなどウインタースポーツに適した斜面と降雪量のある山が存在しません。そのため、イギリスの人々はこれらのスポーツを楽しもうと思ったら海外旅行をせざるを得ません。日本は、国中いたるところにウインタースポーツに適した山々があり、東京や京都などの主要観光地からも比較的簡単にアクセスできます。ウインタースポーツができ、しかも周辺の観光も同時に回れる日本は、ウインタースポーツ愛好のイギリス人にとって夢の国なのです。 ・スノーモンキー鑑賞 寒い冬、温泉につかって暖をとるおサルさんたちの姿は、心温まる日本の伝統的な光景です。近年、これらのサルの姿はイギリスにて「スノーモンキー」という名でよく知られています。自然環境保護と動物愛護の概念が浸透した国だからこそ、自然の中でありのままに暮らす動物の姿はイギリス人の心に訴えるものがあるようです。ウインタースポーツ目当てで日本を訪れるイギリス人観光客は、温泉地での宿泊とスノーモンキー鑑賞をワンセットに楽しむ方が多いようです。 ・個人旅行スタイルが日本にマッチ イギリス人の観光スタイルは、ツアーではなく個人旅行が主流です。実に8割のイギリス人観光客が個人旅行で日本を訪れています。日本は、西から沖縄・広島・京阪神・箱根・富士山・東京・北海道などと主要観光名所が点在しており、どうしても移動が多い旅行スタイルとなりがちです。その場合、タイムスケジュールや行き先を縛られてしまうツアー旅行よりも、自分で自由な移動が出来る個人旅行の方がストレスなく旅行を楽しむことができます。そのため、イギリス人の旅行スタイルに日本の特質がマッチしていると言うことができそうです。 ・アクセスの利便性 AS_64843068前述のように個人旅行で観光をする場合、公共交通機関の発達度が旅のクオリティに如実に影響してきます。日本は、世界でも他に類を見ないほどの正確無比な公共交通機関の運行でよく知られています。秒刻みで到着する電車をひと目見ようと、朝ラッシュ時の電車ホームに観光に訪れる外国人もいるほどです。そのような環境が整っているので、個人旅行スタイルで旅行をするイギリス人観光客にとっては、旅程の乱れが発生しないため非常に旅しやすい国だと言えるでしょう。 ・漫画&アニメ、グルメなどの日本文化愛好 一般によく知られているように、漫画やアニメ、また美味しい日本食など、日本の誇る文化は世界的にも注目を集めています。イギリスも例外ではなく、イギリスの図書館には日本の漫画がずらりと並ぶ漫画コーナーがあったり、街中では必ず日本食レストランが見かけられたりなど、日本文化の浸透度はかなりのものです。これらの日本文化を愛好するイギリス人観光客が、一度本場の漫画文化や、本場の日本食の味を楽しんでみたい!という思いから、はるばる日本を訪れています。

今後のイギリス人観光客の動向に注目

以上のように、どうやら、イギリス人観光客にとって日本は魅力的な目的地であるようです。今後、イギリスのEU離脱が実現すれば、イギリスの人々にとって今までEU圏内で気軽に訪れることができていたドイツやフランスなどの近隣諸国が、海外となります。そうなったとき、「どうせ海外旅行へ行くのなら、もっと足を伸ばして日本に行ってみようかな?」と考える人も増える可能性があります。今後数年間のイギリス人観光客の増減に要注目ですね。

Related posts