地方創生ステーションでは、地域おこし協力隊、移住・定住、訪日外国人観光客誘致、ふるさと納税などの情報を発信します
info@go-sousei.net
地方創生
  • 地方ベンチャーのファイナンス事情

    最近、地方で起業したいと希望するベンチャーが増えています。IT時代にあっては、インターネットを利用して都心部と情報のやりとりを瞬時にできるので、地方にオフィスがあるデメリットがほとんどないからです。しかし「ファ ...

    最近、地方で起業したいと希望するベンチャーが増えています。IT時代にあっては、インターネットを利用して都心部と情報のやりとりを瞬時にできるので、地方にオフィスがあるデメリットがほとんどないからです。しかし「ファイナンス面はどうなっているのか」と、不安に思う経営者も。気になる地方のファイナンス事情を調べてみました。 地方における融資の難しさ ベンチャー企業にとって資金調達は死活問題です。都心部ならば ...

    Read more
  • アジアのミレニアル世代と訪日外国人観光客の市場動向

    昨今の訪日インバウンド市場を見ると、アジア新興国に暮らすミレニアル(新千年紀)世代の人数が増えています。今回は、訪日外国人観光客のうち、重要なターゲットであるミレニアル世代についてご紹介します。 ミレニアル世代 ...

    昨今の訪日インバウンド市場を見ると、アジア新興国に暮らすミレニアル(新千年紀)世代の人数が増えています。今回は、訪日外国人観光客のうち、重要なターゲットであるミレニアル世代についてご紹介します。 ミレニアル世代の定義 国・地域によって定義は異なりますが、ミレニアル世代はアメリカでは1980年頃から1990年代後半に生まれた世代とされています。ジェネレーションYやジェネレーション9.11などとも呼ば ...

    Read more
  • 町おこしの要!地域おこし協力隊になろう!

    地域おこし協力隊は地域の活性化や人口問題を主軸に地方自治体が都市住民を受け入れ委嘱している活動を言います。期間などは決まっていますが、活動後はその土地での定住することも可能なため、地方への移住を考えている若者に ...

    地域おこし協力隊は地域の活性化や人口問題を主軸に地方自治体が都市住民を受け入れ委嘱している活動を言います。期間などは決まっていますが、活動後はその土地での定住することも可能なため、地方への移住を考えている若者にとって大変やりがいのある活動となっています。今回はそんな地域おこし協力隊になるにはどうすれば良いのか、現実的な給料・活動内容について紹介します。 地域おこし協力隊になるには? 地域おこし協力 ...

    Read more
  • 町おこしの成功事例、失敗事例

    地域活性化につながる町おこしについて、皆さんはどのようなことが思い浮かぶでしょうか?そもそも町おこしというのは、人口減少や高齢化などが原因で衰退してきている町を再度元気づけようと、その町のアピールを行い、多くの ...

    地域活性化につながる町おこしについて、皆さんはどのようなことが思い浮かぶでしょうか?そもそも町おこしというのは、人口減少や高齢化などが原因で衰退してきている町を再度元気づけようと、その町のアピールを行い、多くの観光客を招き活気を取り戻そうと活動することをいいます。しかし、この町おこしはその地域によって成功例、失敗例があるのが現状です。では、成功例、失敗例にはどのような事例があるのでしょうか? 町お ...

    Read more
  • 若者の間で注目される、地域おこし協力隊とは?

    現在、地方創生を推進していく中で、「地域おこし協力隊」というものに力が注がれています。では、協力隊とはどういった取り組みで、どのような活動がされているのでしょうか。 地域おこし協力隊とは? 地域おこし協力隊とは ...

    現在、地方創生を推進していく中で、「地域おこし協力隊」というものに力が注がれています。では、協力隊とはどういった取り組みで、どのような活動がされているのでしょうか。 地域おこし協力隊とは? 地域おこし協力隊とは、都会に住んでいる若者が地方へ一定期間移り住み、その地域のPR活動や地域活性化のサポートを行っていくという取り組みで、参加するとおよそ1~3年の間地域おこし協力隊員として地方へ委嘱される形と ...

    Read more
  • 中華圏の観光客に向けたインバウンド対策のカギはSNS戦略

    2015年の訪日外国人観光客のランキングを見ると、第1位中国(499万人)、第3位台湾(368万人)、第4位香港(152万人)となっています。中国・台湾・香港の3か国で50%以上を占めている状況です。そこで、中 ...

    2015年の訪日外国人観光客のランキングを見ると、第1位中国(499万人)、第3位台湾(368万人)、第4位香港(152万人)となっています。中国・台湾・香港の3か国で50%以上を占めている状況です。そこで、中華圏のお客様を対象にインバウンド対策が欠かせません。今回は、中華圏の外国人観光客をターゲットにしたマーケティング方法をご紹介します。 中華圏の人は日本へ買い物に来ている 中華系の外国人観光客 ...

    Read more